世界の新製品とビジネストレンド情報

広範囲のweb情報を検索し常に新鮮な情報をお届けします。事業の新企画、スタートアップに活用下さい。

startup

メルカリの先をいく「17歳CEO」の将来 目指すは「次世代金券ショップ」

2018年6月、レシートを1枚10円で買い取るサービスを開始したワンファイナンシャル。経営者は、12歳で国際プログラミングコンテストで最優秀賞を獲得した高校生だ。新しい金融の仕組みをつくりたいと語る17歳の未来予想図とは――。 「レシートのデータを価値に…

TechCrunch Tokyoの目玉「スタートアップバトル」今年も登壇企業を募集開始

11月15日、16日に開催するスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2018」。今日はみなさんに、このイベントの目玉企画であるスタートアップバトルの応募開始をお知らせしたい。 スタートアップバトルは、創業3年未満のスタートアップがみずからのプロダクト…

ロボットをだれもが簡単に。32歳の起業家が語る夢

警備、介助、農業、工場、果てはホテルの受付まで、「ロボット」の活躍の場は広がっている。朝日新聞のデータベースで「ロボット」とキーワードを打ち込んで調べたところ、2017年8月からの1年間で1105件だった。10年前は756件、20年前は482件、30年前は157件…

要介護者ごとに適したリハビリプランを自動提案、介護事業所向けSaaS「リハプラン」が1億円を調達

介護事業所向けのリハビリ特化型SaaS「リハプラン」を開発するRehab for JAPANは8月10日、2017年2月から2018年7月にかけて実施したシードラウンドとシリーズAにおいて約1億円を調達したことを明らかにした。第三者割当増資の引受先となったのはIF Lifetime V…

スタートアップ大競争 変わるかニッポン(4) ママは起業家 「非主流」が突破口に

「僕の人生は69歳からスタートした」。リチウムイオン電池開発・製造のエリーパワーの吉田博一社長(80)は振り返る。 旧住友銀行(現三井住友銀行)で副頭取まで務めた。65歳を迎え、「自分はまだやりきっていない」という思いが頭をもたげた。 69歳で立ち…

90秒で加入できるスマホ保険のjustInCaseが1億5000万円調達ーー少額短期保険業の登録受け、7月より新アプリ公開

TechCrunch Tokyo 2017卒業生のjustInCaseは、スマホネイティブの世代にも受け入れられやすいようにこだわったUI/UX、約90秒で加入できる手軽さなどをウリにした少額保険サービスを提供するスタートアップだ。同社が初めて手がけた、スマホの故障を保証する…

日本発、「音声感情解析」のスタートアップに世界が注目

今年5月にルクセンブルクで開催されたカンファレンス「ICT Spring」のピッチコンテストで、日本のスタートアップが優勝した。その企業、Empathが扱うのは「音声感情解析」という聞き慣れない技術である。技術のユニークさを大きく評価された彼らは、いったい…

スタートアップ、上場より大企業傘下

日本のスタートアップ企業が、成長資金の確保や市場開拓を狙い大企業による買収を選ぶ動きが広がっている。2018年1~5月の国内の買収件数は前年同期比で3割増え、新規株式公開(IPO)件数を上回った。日本は米中に比べ新興企業に集まる資金が少なく、…

5日間で70億円以上を調達、24枚のプレゼン資料

フロント(Front)は、創業5年のスタートアップ。チームでの共同作業の変革を目指す同社に、テック系投資家たちが資金を投じた。 同社は、Eメール、スラック、ソーシャルメディアなどからのメッセージを1つに集約できる共有受信ボックスアプリを開発している…

英語教師からリフォームまで、プロと依頼主をつなげる集客プラットフォームのZehitomoが4億円調達

チャーキャピタル、Social Starts、および複数の個人投資家から約4億円を調達したと発表した。 Zehitomoは、カメラマンや英語教師などの個人事業主を含むSMBと、仕事を依頼したいユーザーをつなげる集客プラットフォームだ。結婚式の写真を撮ってもらいたい…

ソニーの外で輝く「デジタル・キッズ」起業家 スタートアップ#ソニー(上)

戦後生まれの日本企業の代表格であるソニー。技術者の井深大氏と、技術者ながら営業に才能を発揮した盛田昭夫氏という2人の創業者の出会いから、日本を代表するエレクトロニクス企業に成長した。だがソニーは苦境を経て今、ようやく再成長への道を歩み始め…

ペロリ創業メンバー有川氏が次に手がけるのは、チャット型の旅行代理店

「旅行がしたい」という欲求は、僕が今現在抱えているものでもあるし、おそらく多くの人たちにとってもそうだろう。でも、いざ具体的なプランを立てようとすると、行きたい場所が見つからずに結局そのまま放置してしまいがちだ。 Hotspringが5月22日に発表し…

YouTuberの次は「Radiotalker」!? 音声配信アプリ「Radiotalk」が過熱中

「YouTube Live」や「Mirrativ」、「ツイキャス」など、近年では一般人が情報を発信できる配信サービスが充実してきた。そんな中、最近はトークを配信できるアプリ「Radiotalk」が注目されつつあり、盛り上がりを見せている。 トーク特化型配信サービス 「Ra…

23歳起業家「太平洋上のプラスチックゴミを5年で半分に」日本でも実験した新システムとは

オランダの発明家、Boyan Slat(@BoyanSlat)さんは弱冠23歳。 彼は14歳の時に水ロケットを同時に213本発射してギネス世界記録をマークした経歴を持っています。 Slatさんは現在、「太平洋の海にあるプラスチック廃棄物を5年で半分にする」という目標を掲げ、…

インスタ投稿で報酬ゲット!? インフルエンサーと企業をつなぐ「indaHash」にメールインタビュー

Instagramのアカウントを連携して、企業のキャンペーンに参加して写真や動画を投稿すると、報酬が振り込まれる新しいサービスが「indaHash」だ。グローバル展開を推進中で日本進出も目指す「indaHash」とは、一体どんなサービスなのだろうか? アプリからキ…

副業人材と企業をつなぐシューマツワーカーが4000万円調達、登録ユーザーは1500人

副業したい人材と企業をつなげる「シューマツワーカー」を運営するシューマツワーカーは5月10日、KLab Venture Partners、サイバーエージェント・ベンチャーズ、および大冨智弘氏ら複数の個人投資家から4000万円を調達したと発表した。今回の資金調達は、J-K…

自動運転の大激戦を制する? トヨタ注目のスタートアップが開発した「新しいセンサー」の正体

自律走行車が世界を見渡す“眼”となるセンサーであるLiDARの技術で、存在感を急速に高めているスタートアップがある。シリコンヴァレーを拠点とするルミナー(Luminar)は、これまで高額だったLiDARを低コスト化できる可能性のある技術を発表した。これまでト…

活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場

活版印刷に使われた昔ながらの鉛の活字でオリジナル名刺を作ることができる「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場した。 同製品は、台湾の一間印刷行が、伝統的な活版印刷の魅力を伝えるために開発した製品。2017年に台湾のクラウドファンデ…

現役弁護士が手がけるAI契約書レビューサービス「AI-CON」正式公開、ランサーズとも連携

法律関係の課題をテクノロジーで解決する“リーガルテック”。その中でも今日は、現役の弁護士が立ち上げたAI契約書レビューサービスを紹介したい。GVA TECHが提供するのは、AIとクラウドを活用して契約書のレビューを行う「AI-CON」だ。4月16日に正式サービス…

グローバルに対話できる!?音声翻訳機能付き完全ワイヤレスイヤホン【TwoBow】

AibudsのTwoBowは、「口で話して耳で聞く」という自然なコミュニケーションを可能にします。 相手が誰でも、もう関係ありません。 あなたは、ただ話すだけです。 目を見て話せる次世代の音声翻訳機は言葉の壁を越え、 あなたの可能性を世界へ広げてくれるこ…

【第2弾】もう花粉は怖くない。首に掛けるだけの軽い空気清浄機Airvida-M1

空気環境改善プロジェクト第2弾 首から掛けるだけの空気清浄機アイブルエアビーダシリーズに ible Airvida【M1】登場 空気清浄機として斬新なネックレススタイルで胸元から空気環境をカバーします。 -ible Airvida M1-アイブルエアビーダM1は空気中の粒子状…

グローバルに対話できる!?音声翻訳機能付き完全ワイヤレスイヤホン【TwoBow】

AibudsのTwoBowは、「口で話して耳で聞く」という自然なコミュニケーションを可能にします。 相手が誰でも、もう関係ありません。 あなたは、ただ話すだけです。 目を見て話せる次世代の音声翻訳機は言葉の壁を越え、 あなたの可能性を世界へ広げてくれるこ…

ネオジャパン、業務アプリ作成ツール「AppSuite」の 『アプリ作成サービス』を4月12日に開始

株式会社ネオジャパン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:齋藤 晶議)は、業務アプリ作成ツール「AppSuite(アップスイート)」によるアプリ作成を、お客さまに代わって行う『AppSuiteアプリ作成サービス』を2018年4月12日(木)に開始します。 『AppS…

今日から始める「インターネット小商い」のススメ

昨年、政府が「働き方改革」のひとつとして副業・兼業の普及促進を打ち出したことで、2018年は“副業元年”と呼ばれています。そして、副業について語る時に出てきがちなのが「ネットでお金を稼ぐ」という言葉。 しかし「ネット」という言葉が出てくると、いま…

医師と患者を繋ぐSNS「メディカルケアステーション」運営がKDDIなどから約10億円を調達、医療IoTなど推進

病院や薬局・介護施設などで勤務する医療従事者と、患者やその家族をつなぐSNS「メディカルケアステーション」を運営する日本エンブレースは3月7日、KDDIを引受先とする第三者割当増資を実施しました。 「メディカルケアステーション」は、病院やクリニック…

MIT発のスタートアップFeature Labsは機械学習アルゴリズムの開発を加速する

MITで始まった研究にルーツを持つスタートアップのFeature Labsは、データサイエンティストたちが機械学習アルゴリズムをより迅速に構築することを支援する一連のツールを、本日(米国時間2月22日)正式にリリースした。 共同創業者兼CEOのMax Kanterによれ…

東大発VBが新サービス AI活用で助言 経営革新を支援

東京大学発の人工知能(AI)ベンチャー、ストックマーク(東京都渋谷区)は、企業を対象としたAI活用に関するコンサルティングとシステム開発業務を今月から開始した。コンピューターとユーザー間の情報のやり取りに関する技術である「ユーザーインター…

元Google社員が本気を出したら、あるアイデアで100億円も稼ぐことに。

元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。今では、AppleやUber、Teslaの元社員も集まっているようです。加えて、アメリカのトップ大学と名高いHarvardやCambridge、MIT、Stanfordの卒業生までも。 そんなアメリカの秀才たちが…

HISモバイル誕生。「海外でスマホを使うと高い」を解消する格安SIM、1日500円で70か国カバー

旅行大手エイチ・アイ・エスと日本通信が合弁会社「H.I.S. Mobile」を設立しました。出資比率はそれぞれ60%・40%で、海外旅行時に廉価に通信できる格安SIMサービス「H.I.S. モバイル」を開始します。 近年の海外旅行では「スマホがパスポートに並ぶ必需品…

デザインのカスタマイズ機能はあえて省く――個人事業主向けWebサイト作成サービス「MOSH」が資金調達

個人事業主向けのWebページ作成サービス「MOSH」を提供するMOSHは2月15日、ジェネシア・ベンチャーズと実名型グルメサービスのRettyを引受先とする第三者割当増資を実施した。調達金額は2000万円だ。 最近では、個人として活躍するヨガインストラクターや英…