世界の新製品とビジネストレンド情報

広範囲のweb情報を検索し常に新鮮な情報をお届けします。事業の新企画、スタートアップに活用下さい。

startup

「Creative Cloud」が大幅にパワーアップ!注目の新機能から新製品情報まで紹介

デザイナーやフォトグラファーなら、アドビのソフトウェアに日頃お世話になっていることだろう。グラフィックデザイン、動画編集、ウェブデザインのアプリケーションサービス「Creative Cloud」を活用している人も多いかも... デザイナーやフォトグラファー…

妊活支えるスタートアップ、24時間伴走のサービス

妊娠に向けた情報収集や治療に取り組む「妊活」を支援するスタートアップが増えてきた。専門的な助言や検査から交流サイト(SNS)の運営まで多様なサービスを提供している。日本でも不妊治療を受ける人が増えているが、周りに相談しにくいなどの悩みがついて…

腕を使う力仕事、装着ロボで補助 理科大発ベンチャー

東京理科大学発ベンチャーのイノフィス(東京・新宿)は16日、装着型の作業支援ロボット「マッスルアッパー」の発売を発表した。腰だけでなく腕の動きも補助することで、腕だけで重い物体を持ち上げたり、腰よりも高い場所に置いたりできるようになった。価…

サッカーだけじゃない 柏にスタートアップが育つ

千葉県柏市の「柏の葉」にスタートアップの生態系が築かれつつある。起業家を育む施設、実証フィールドとなる商業施設、効果を検証する研究機関、働き手の生活空間がコンパクトに集積。計画(Plan)、実行(Do)、検証(Check)、改善(Action)という新興版…

農家お助けスーツ発売 和歌山大発スタートアップ

和歌山大学発のスタートアップ企業、パワーアシストインターナショナル(和歌山市)は、重量物を持ち上げたり歩いて運んだりする作業を補助するアシストスーツを15日に発売する。和歌山のミカン農家などに20台を出荷する予定。2019年から量産を始め、年200台…

広島で20日に起業家と投資家の交流会

NPO法人広島経済活性化推進倶楽部(KKC)は20日午後2時から、第37回起業家・投資家・専門家お見合い交流会を開く。ひろしまハイビル21(広島市中区銀山町)を会場にマネーフォワードの辻庸介社長兼最高経営責任者(CEO)が「お金を前へ。人生をもっと前へ」…

身一つから育てる 起業スタジオ、日本にも

アイデアや技術さえあれば丸ごと支えます――。必要な人材をあらかじめ用意して起業を支援する「スタートアップスタジオ」が日本でも広がり始めた。制作スタッフをそろえる米ハリウッドの映画スタジオにちなんでこう呼ばれる。産業界でスタートアップの存在感…

Brexの22歳の創業者コンビが、2年未満で10億ドルのビジネスを構築した道のり

ブラジル生まれのHenrique Dubugras(写真右)とPedro Franceschiが、16歳で出会ったときに、彼らを結びつけたのはコーディングへの愛と、Mark Zuckerberg風の野心を理解してくれない厳しい母親に対するお互いの欲求不満だった。 まあ公正を期すならば、彼ら…

京都活性化に3兄弟走る 学生に起業の種まき

人材教育やイベント企画を手がける美京都(みやこ、京都市)は、長男が創業し、次男と三男が管理・新規事業開発を手がける3兄弟スタートアップだ。創業は2014年。社員も大半が20代から30代と若く、お互いを知り尽くすことで自由闊達な雰囲気が生まれている。…

スキマ時間で地域の育児手助け コメッド、医療職非常勤と妊産婦のマッチングサービス

医療サービスのスタートアップ、コメッド(京都市)は、非常勤の医療職と妊産婦を地域でマッチングするサービス「HomeCare(ホームケア)」を12月にも始める。病院には行けないが育児を相談したいニーズは増えている。一方、看護師や助産師でも空いた時間に…

パルスボッツ、1億2000万円調達

ロボットに搭載する会話システムを開発するパルスボッツ(東京・目黒)は27日、1億2000万円を調達したと発表した。チャットボット(自動応答システム)やスマートスピーカー、ロボットに組み込むコミュニケーションシステムを開発している。調達した資金で独…

不動産アプリのハウスマート、3億円調達

スマートフォン(スマホ)で中古マンションを購入できるアプリを運営するハウスマート(東京・渋谷、針山昌幸社長)は25日、ベンチャーキャピタル(VC)5社を引受先とする第三者割当増資で約3億円を調達したと発表した。調達資金を活用し、運営するアプ…

女性起業家 資金面で支える 男性と比べ融資回りにくく 投資家へのプレゼン特訓/女性特化の社内VC

女性の起業をマネーで支援する動きが広がっている。投資家に訴えるためのプレゼン能力やネットワーキングを支援する事業のほか、女性起業家に特化したベンチャー・キャピタル(VC)が誕生。男性と比べて投資や融資の資金が回りにくいとされる女性起業家を…

わずか5坪の店に外国人が殺到 インバウンド戦略の成功例

2年後のTOKYO2020に向けて、各社インバウンド戦略に力を入れつつも、まだまだ成功のロールモデルが少ないのが日本の現状です。そんな中、渋谷の道玄坂に、外国人のお客さんが絶えないお店があります。その名は「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(アバウトライフ …

アジアのスタートアップ、日本に続々

アジアのスタートアップによる日本への進出機運が高まっている。単一国で1億人規模の市場という魅力に加え、世界で知名度のある大企業や技術力のあるものづくり企業との協業機会も見込める。日本市場の攻略を契機として世界への展開も狙う。スタートアップ…

東京駅周辺にスタートアップ集う

日本橋など東京駅周辺に拠点を構えるスタートアップ企業が増えている。新幹線やJR各線が乗り入れる交通アクセスの良さに加えて低価格の賃料で利用できるシェアオフィスが増え、「起業の町」としての魅力が増している。ネット関連の若手起業家が多い渋谷と…

スタートアップが「目利き」 ユーグレナなど、VCを主導 さらに若い企業発掘

上場した技術系スタートアップ企業が、さらに若い企業に投資する動きが広がってきた。ロボットや人工知能(AI)などの技術革新が進むなか、スタートアップの「目利き力」に期待した大企業や金融機関も頼りにし、資金が集まる。大企業主導のコーポレートベ…

メルカリの先をいく「17歳CEO」の将来 目指すは「次世代金券ショップ」

2018年6月、レシートを1枚10円で買い取るサービスを開始したワンファイナンシャル。経営者は、12歳で国際プログラミングコンテストで最優秀賞を獲得した高校生だ。新しい金融の仕組みをつくりたいと語る17歳の未来予想図とは――。 「レシートのデータを価値に…

TechCrunch Tokyoの目玉「スタートアップバトル」今年も登壇企業を募集開始

11月15日、16日に開催するスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2018」。今日はみなさんに、このイベントの目玉企画であるスタートアップバトルの応募開始をお知らせしたい。 スタートアップバトルは、創業3年未満のスタートアップがみずからのプロダクト…

ロボットをだれもが簡単に。32歳の起業家が語る夢

警備、介助、農業、工場、果てはホテルの受付まで、「ロボット」の活躍の場は広がっている。朝日新聞のデータベースで「ロボット」とキーワードを打ち込んで調べたところ、2017年8月からの1年間で1105件だった。10年前は756件、20年前は482件、30年前は157件…

要介護者ごとに適したリハビリプランを自動提案、介護事業所向けSaaS「リハプラン」が1億円を調達

介護事業所向けのリハビリ特化型SaaS「リハプラン」を開発するRehab for JAPANは8月10日、2017年2月から2018年7月にかけて実施したシードラウンドとシリーズAにおいて約1億円を調達したことを明らかにした。第三者割当増資の引受先となったのはIF Lifetime V…

スタートアップ大競争 変わるかニッポン(4) ママは起業家 「非主流」が突破口に

「僕の人生は69歳からスタートした」。リチウムイオン電池開発・製造のエリーパワーの吉田博一社長(80)は振り返る。 旧住友銀行(現三井住友銀行)で副頭取まで務めた。65歳を迎え、「自分はまだやりきっていない」という思いが頭をもたげた。 69歳で立ち…

90秒で加入できるスマホ保険のjustInCaseが1億5000万円調達ーー少額短期保険業の登録受け、7月より新アプリ公開

TechCrunch Tokyo 2017卒業生のjustInCaseは、スマホネイティブの世代にも受け入れられやすいようにこだわったUI/UX、約90秒で加入できる手軽さなどをウリにした少額保険サービスを提供するスタートアップだ。同社が初めて手がけた、スマホの故障を保証する…

日本発、「音声感情解析」のスタートアップに世界が注目

今年5月にルクセンブルクで開催されたカンファレンス「ICT Spring」のピッチコンテストで、日本のスタートアップが優勝した。その企業、Empathが扱うのは「音声感情解析」という聞き慣れない技術である。技術のユニークさを大きく評価された彼らは、いったい…

スタートアップ、上場より大企業傘下

日本のスタートアップ企業が、成長資金の確保や市場開拓を狙い大企業による買収を選ぶ動きが広がっている。2018年1~5月の国内の買収件数は前年同期比で3割増え、新規株式公開(IPO)件数を上回った。日本は米中に比べ新興企業に集まる資金が少なく、…

5日間で70億円以上を調達、24枚のプレゼン資料

フロント(Front)は、創業5年のスタートアップ。チームでの共同作業の変革を目指す同社に、テック系投資家たちが資金を投じた。 同社は、Eメール、スラック、ソーシャルメディアなどからのメッセージを1つに集約できる共有受信ボックスアプリを開発している…

英語教師からリフォームまで、プロと依頼主をつなげる集客プラットフォームのZehitomoが4億円調達

チャーキャピタル、Social Starts、および複数の個人投資家から約4億円を調達したと発表した。 Zehitomoは、カメラマンや英語教師などの個人事業主を含むSMBと、仕事を依頼したいユーザーをつなげる集客プラットフォームだ。結婚式の写真を撮ってもらいたい…

ソニーの外で輝く「デジタル・キッズ」起業家 スタートアップ#ソニー(上)

戦後生まれの日本企業の代表格であるソニー。技術者の井深大氏と、技術者ながら営業に才能を発揮した盛田昭夫氏という2人の創業者の出会いから、日本を代表するエレクトロニクス企業に成長した。だがソニーは苦境を経て今、ようやく再成長への道を歩み始め…

ペロリ創業メンバー有川氏が次に手がけるのは、チャット型の旅行代理店

「旅行がしたい」という欲求は、僕が今現在抱えているものでもあるし、おそらく多くの人たちにとってもそうだろう。でも、いざ具体的なプランを立てようとすると、行きたい場所が見つからずに結局そのまま放置してしまいがちだ。 Hotspringが5月22日に発表し…

YouTuberの次は「Radiotalker」!? 音声配信アプリ「Radiotalk」が過熱中

「YouTube Live」や「Mirrativ」、「ツイキャス」など、近年では一般人が情報を発信できる配信サービスが充実してきた。そんな中、最近はトークを配信できるアプリ「Radiotalk」が注目されつつあり、盛り上がりを見せている。 トーク特化型配信サービス 「Ra…